チャイルドシートで子供を守る【安全基準に合致したものを選ぶ】

狙い目のお得な方法とは

子供

助成金などを上手く活用

子供を車の乗せる際、必ずチャイルドシートに乗せないといけません。しかしチャイルドシートは意外と費用がかかるものです。少しでもお得にするにはどのような方法があるでしょうか。まず、市町村のチャイルドシートレンタルや助成金がある場合があります。ホームページにそういった情報が記載されていますので、一度確認してみましょう。お得な情報があるかもしれません。中古のチャイルドシートに抵抗がないのでしたら、リサイクルショップをめぐって中古のものを利用することもひとつの方法です。特に新生児を乗せるためのベビーシートは1歳くらいまでの使用となっており、すぐにあっても使わないものになってしまうので、リサイクルショップに持って行く人も多くいます。リサイクルショップで意外な掘り出し物に出会えることもあります。また、使用期間の短い新生児用のベビーシートはレンタル業者からレンタルするという方法もあります。生後3カ月から1歳まで9カ月間レンタルする場合は、一万円から一万五千円が相場といったところです。しかし1歳以降のチャイルドシートはその後6歳くらいまで使えるものもあるので、レンタルより購入したほうがお得と言えます。同様に2人目、3人目をお考えの場合は、とりあえず1台の新生児用のチャイルドシートを購入し、2人目以降も引き続き使用します。もし新生児用のチャイルドシートが2台必要になるのなら、重なった期間だけレンタルする方法がお得な方法となります。

Copyright© 2018 チャイルドシートで子供を守る【安全基準に合致したものを選ぶ】 All Rights Reserved.