チャイルドシートで子供を守る【安全基準に合致したものを選ぶ】

子供のドライブの必需品

ママと赤ちゃん

成長にあったものを選ぼう

チャイルドシートは子供の年齢や発達に応じでさまざまな種類があります。事故から子供を守るためのチャイルドシートですが、正しいものを選ばないとまったく効果のないことがありますので、正しい知識を身につけてしっかりと適応したものを選ぶようにしましょう。まず産まれてすぐに使用するチャイルドシートはベビーシートとも呼ばれるものです。首が座っていない赤ちゃんを乗せる場合は、ベッドのように寝かせるタイプがあります。他に座席に対して後ろ向きに装着するタイプもあります。このタイプは慎重が70センチになるくらい、およそ1歳になるくらいまで使用します。次に使用するチャイルドシートは、前向きに座り、ハーネスで体を固定するタイプになります。これは身長が100センチくらい、体重が9キロから18キロになるまでを目安に使用します。最後に使用するチャイルドシートはジュニアシートや学童用シートとも呼ばれるものです。機能としては、座席をあげて子供の腰の位置を調節し、大人用のシートベルトを使えるようにします。使用するめやすは体重が15キロから36キロ、慎重135センチ以下となっています。なお、法律でチャイルドシートの使用が義務付けられているのは6歳までですが、大人のシートベルトが正しく使用できるようになるまではチャイルドシートを利用して車に乗るようにします。重大な事故が起こってからでは遅いので、事前にしっかり注意したいものですね。

Copyright© 2018 チャイルドシートで子供を守る【安全基準に合致したものを選ぶ】 All Rights Reserved.