チャイルドシートで子供を守る【安全基準に合致したものを選ぶ】

子どもの安全を守るために

赤ちゃん

選び方を知る

出産後に準備するグッズはたくさんありますが、車で子どもと移動するときに必要なのがチャイルドシートです。一般的に乳児用はベビーシート、首が座ったころから使用できるものはチャイルドシートと呼ばれていますが、兼用できる仕組みのものもあります。また身長が140センチ以上になったら使用できるジュニアシートもあります。現在チャイルドシートの着用は法律で義務付けられていますので、車に乳児や幼児を乗せるときには必ず必要となります。チャイルドシートの選び方としては、まず対象年齢を確認することも一つですが、重要なことは安全基準を満たしているかどうかです。2012年7月以降から日本のチャイルドシード安全基準が、欧州基準に合わせたものになりました、その基準を満たした商品にはEマークが表記されています。またそれ以前の旧基準を満たしたものは、自マークの表記があります。例えばチャイルドシートのお下がりをいただく、中古品を購入する場合はチェックするようにしてください。購入する際には、必ずEマークがついたものを選ぶようにしましょう。また欧州基準が採用されてから販売された車には、チャイルドシートと車の座席を直接固定するISOFIX(アイソフィックス)の装置が標準装備されています。従来のシートベルトで固定する場合よりもご使用が少ないのが特徴です。ですからチャイルドシートを選ぶ際にも、ISOFIX固定式のものかどうかをチェックしましょう。その他、国土交通省は毎年チャイルドシートアセスメントというチャイルドシートの使用テストを行い、結果を公表しています。チャイルドシートアセスメントに後悔されている商品は、国土交通省のお墨付きともいえるので安全で安心の商品といえます。

Copyright© 2018 チャイルドシートで子供を守る【安全基準に合致したものを選ぶ】 All Rights Reserved.