チャイルドシートで子供を守る【安全基準に合致したものを選ぶ】

赤ちゃん

子供の安全のために

チャイルドシートは技術の進歩で年々安全性が高まっています。デザインや金額も様々ですが、それなりの金額を出さないと高い安全性は手に入りませんのでお財布と相談して検討なさってみて下さい。不要になったチャイルドシートは早めに手放しましょう。

赤ちゃん

子どもの安全を守るために

車で子どもと移動するときにはチャイルドシートが必要です。法律で義務付けられています。選び方のポイントとしては、安全基準を満たすEマークの表記があるか、ISOFIX固定式のものであるかなどをチェックすることです。

子供

狙い目のお得な方法とは

チャイルドシートは意外と費用がかかります。レンタルや助成金制度がある市町村もあるので確認してみましょう。他に中古でチャイルドシートを購入すると安く手に入れることができます。使用期間の短い新生児用チャイルドシートはレンタルすることもよい方法ですが、2人目以降を計画する場合は購入したほうがお得です。

ママと赤ちゃん

子供のドライブの必需品

チャイルドシートにはいくつかの種類があります。まず、子供が産まれてからすぐに使用するものは赤ちゃんを寝かせるものや、座席に対して後ろ向きにつけるものです。さらにハーネスで体を固定するものを使用し、子供の座高をあげて大人のシートベルトで固定するものに移行します。

赤ちゃん

実際に試してみる

チャイルドシートの装着は子どもが居て車を所有している家庭に義務付けられています。品質を確認するためにも、店頭で商品を比較してみましょう。通販で購入する場合には、商品の評判を調べることをおすすめします。

運転中の安全を守る

ママと赤ちゃん

年齢に合わせて選ぶ

チャイルドシートは、運転している間子供の安全を守るために必要なものです。6歳未満の乳幼児は運転中チャイルドシートに乗せなければならないと法律で決まっており、6歳以上であっても身長が足りなければジュニアシートや補助座席などで高さを調節してやらねばなりません。チャイルドシートを嫌がる子供も少なくないのですが、安全を守るためにも運転中は必ずチャイルドシートに乗せておかねばならないのです。チャイルドシートは年齢・月齢と身長体重によって適切な商品が異なります。新生児の場合は新生児用のパッドが必要なことも多いです。およそ3歳くらいを目安にジュニアシートに変えることが多いですが、最近では新生児から6歳近くまで長く使えるタイプも登場しています。ジュニアシートに変える場合でも、年齢で一律に変えるのではなく、身長などを考慮して適切なものを使うようにしなければなりません。取付位置は後部座席が基本で、エアバッグのある座席にとりつけてはいけないとされています。体の小さい乳幼児はエアバッグの衝撃で骨折したり窒息したりするおそれがあります。必ずエアバッグのない座席に取り付けましょう。だいたい体重が10キロ以下の場合は子供が後ろ向きに座るように座席を調節し、それ以上の体重ならば前向きでもかまわないとされています。ただ安全性は後ろ向きの方が高いので、後ろ向きでつけても足などがきつくなければ問題ありません。また必ず最新の安全基準に合致したものを選ぶのも大切です。

おすすめ記事一覧

赤ちゃん

子供の安全のために

チャイルドシートは技術の進歩で年々安全性が高まっています。デザインや金額も様々ですが、それなりの金額を出さないと高い安全性は手に入りませんのでお財布と相談して検討なさってみて下さい。不要になったチャイルドシートは早めに手放しましょう。

赤ちゃん

子どもの安全を守るために

車で子どもと移動するときにはチャイルドシートが必要です。法律で義務付けられています。選び方のポイントとしては、安全基準を満たすEマークの表記があるか、ISOFIX固定式のものであるかなどをチェックすることです。

子供

狙い目のお得な方法とは

チャイルドシートは意外と費用がかかります。レンタルや助成金制度がある市町村もあるので確認してみましょう。他に中古でチャイルドシートを購入すると安く手に入れることができます。使用期間の短い新生児用チャイルドシートはレンタルすることもよい方法ですが、2人目以降を計画する場合は購入したほうがお得です。

ママと赤ちゃん

子供のドライブの必需品

チャイルドシートにはいくつかの種類があります。まず、子供が産まれてからすぐに使用するものは赤ちゃんを寝かせるものや、座席に対して後ろ向きにつけるものです。さらにハーネスで体を固定するものを使用し、子供の座高をあげて大人のシートベルトで固定するものに移行します。

赤ちゃん

実際に試してみる

チャイルドシートの装着は子どもが居て車を所有している家庭に義務付けられています。品質を確認するためにも、店頭で商品を比較してみましょう。通販で購入する場合には、商品の評判を調べることをおすすめします。

Copyright© 2018 チャイルドシートで子供を守る【安全基準に合致したものを選ぶ】 All Rights Reserved.